セントレアに車で行くなら駐車場は空港ジャンボ駐車場ステラパーク

Home » セントレア周辺常滑観光 » INAXライブミュージアム

INAXライブミュージアム

inaxライブミュ-ジアム

伊奈製陶株式会社が前身であるINAXは常滑の企業です。
INAXライブミュージアム(イナックス ライブミュージアム、INAX MUSEUMS)は、現在はLIXILの一部門である「INAX」の企業博物館です。
以下ウィキペディアより。

窯のある広場・資料館
1921年(大正10年)に建築された建物で、レンガ造りの煙突と大型の倒焔式石炭窯を持ち、かつては土管やタイルなどを焼いていた。1986年(昭和61年)から産業遺産として公開を開始。資料館と煙突は1997年(平成9年)に国の登録有形文化財に登録された。同年からは1階に明治・大正・昭和にかけて作られて日本全国の洋風建築で使用されていたテラコッタを、2階に明治から昭和にかけて作られた陶磁器の染付古便器などを展示。内部の窯は休憩スペースとして利用されている。2006年にはすぐ隣に、タイル製造に使用されていたトンネル窯(1972年築炉)が移築保存された。

世界のタイル博物館
1991年(平成3年)にタイル研究家から6,000点のタイルコレクションが常滑市へ寄贈され、その管理・研究・公開がINAXに委託されたことから1997年に開館。同コレクションと、INAXの保有する資料を展示公開しており、5500年前のメソポタミアから現代に至る装飾空間を再現した1階と、歴史的な装飾タイルの数々を展示した2階からなる。また、企画展示室では企画展・作品展なども開催している。

陶楽工房
絵付けや焼き物の各種体験が出来る工房。予約制。

土・どろんこ館
2006年開館。土壁の外観を持ち、土に関わるワークショップや体験教室を開催する。

ものづくり工房
2006年開設。3つの創作テーマを掲げてものづくりの未来形を追求する工房。

建築陶器のはじまり館
2012年4月開設。大正から昭和初期の外壁タイルやテラコッタを展示。

Copyright(c) 2014 セントレア駐車場 | ステラパーク All Rights Reserved.